今回は京橋のメンズエステ体験談です

diary

メンズエステの底無し沼を体験してしまうと戻ってこれないでしょう

さっそく行きたいメンズエステ店を調べます。ですが、焦ってはいけません。まず王道ですが、ポータルサイトなどから、今住んでいるエリアで近くて通いやすいところをチェックします。

また草食系男子が多い昨今、若い男性(大学生など)が風俗に行かず、いきなりメンズエステに行っている傾向があります。メンズエステは比較的訪問しやすい大人な遊び(癒やし)の業界なのかもしれません。

少し大阪から離れるとやはり安くはなりますが、全体的に最近は値段が高くなっている傾向があります。メンズエステ店が増えてもお客様が増えているかは不明瞭です。そんな中で値段が上がるとそれ相応の技術力やおもてなし精神向上も求められますので、より一層店舗の運営は難しくなっていくでしょう。

利用されたことがある方ならご理解頂けるかと思いますが、風俗は最後は「抜き」がありますが、メンズエステにはありません。そもそも風営法許可で営業していませんので、絶対にやってはいけません。

またメンズエステという名称も重要です。「メンズマッサージ」と呼ばないのは理由があり、もしマッサージという業態で出店すると営業許可が必要です。ですが、「メンズエステ」という業態であれば、許可は必要ありません。医療行為でもなくリラックスやリフレッシュを目的に利用するのがメンズエステということとなります。

ひとつ言えるとすると、メンズエステの本当の楽しさを理解した人だけが、未知の楽しさにハマっていくのです。

今回は京橋のメンズエステ体験談です。

ここでは、メンズエステを楽しむための流れやコツをまとめています。管理人ネクが約10年の経験から導かれた情報ですので、ぜひ参考にしてみてください。

とくに、このサイトでもある「Men’s BZ(メンズビズ)」の体験記事は、メンズエステ店が自信を持って準備していただいたセラピストのため、良い体験がしやすく、良い体験記事が多くあります。

値段=良い体験、とは限りません。だからこそメンズエステの体験記事を参考にしてほしいというのが本音です。

さらには4TBの状態のまま、セラピストが頭側に座ってCKB集中ケアも稀に起きます・・・。4TBだけ見ても、人によってやり方はまったく違うため、メンズエステは本当に面白いです。

最後に口臭です。これはメンズエステへ訪問する前の食事を気をつけたいところですが、どうしても匂いがする食べ物を食べた場合は、メンズエステ店へ訪問した際に洗面所にあるマウスウォシュレットを使いましょう。最低限自分でも口臭を消せるアイテム(ブレスケアなど)は常備しておきましょう。

以上のように、セラピストによって巻き起こる予想できないオリジナル施術を体験したく、通い続けてしまいます。メンズエステの底無し沼を体験してしまうと戻ってこれないでしょう。

最近の大阪のメンズエステ店の施術料は高い傾向があります。以前は90分15,000円前後が相場でしたが、最近は場所によっては90分20,000円から30,000円の場合もあります。それにオプションが無ければいいのですが、さらにオプション追加をして高額になることも。そうなると、それ相応の体験ができると期待せざる得ません。

これは当たり前のことを含めて、私(ネク)が思うことを並べてみますが、基本「もし自分がされたら嫌なことはしない」という、メンズエステ関係なく一般的な判断力があれば判断できるものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました